#day151 胸を打ちつつ名水へ

9月17日 走行距離 230km

大平海岸キャンプ場 – 賀老の滝 – 国道229号 – 国道230号 – 奥美利河温泉 – 国道5号 – 東大沼キャンプ場

まずは賀老の滝を見に行く。

先までたどり着くとぶなの森などがあり30分ほど散策。第2点望台などもあり、見渡すと少しであるが滝も見えた。

それからドラゴンウォーターという炭酸水が湧き出る場所を探すが、気づかずに通り過ぎてしまう。うろうろしている間に沢で滑ってしまい、すねと胸を強打。足からはどくどくと血が出てくる。

それでもずぶ濡れになりながら炭酸水を探し、手ですくって飲んでいた。

賀老の滝までの階段では下りの階段が続き、たどり着いて眺めてみるが、道内一の大きさとは感じなかった。

海沿いをしばらく走り、奥美利河温泉へ。山の間を延々と走りようやくたどり着いた露天風呂は、景色が開けていて気持ちがいい。

国道5号を走り東大沼キャンプ場に着いたのは18時30分過ぎ。

かなり暗くなるまで230kmも走ったので疲れた。数人で焚き火をして盛り上がる。

コメント